ブレントフォード、貴重なジョーカー役担うウィサと2026年まで契約延長

2023.05.05 00:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレントフォードは4日、DRコンゴ代表FWヨアン・ウィサ(26)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。

フランスで生まれ育ったウィサは、シャトールーやアンジェを経て2018年にロリアンへ加入。当時、リーグ・ドゥ(フランス2部)に属していたクラブをリーグ・アン昇格に導くと、2度目の挑戦となったリーグ・アンで2桁ゴールを記録した。

この活躍が認められて2021年夏にプレミアリーグ初昇格のブレントフォードに完全移籍すると、ここまで公式戦70試合に出場し、15ゴール4アシストを記録。今シーズンは前線のバックアッパー役として、途中出場がメインもリーグ戦34試合5ゴール2アシストの数字を残している。
ビーズを率いるトーマス・フランク監督は、左右のウイングを主戦場にセンターフォワードでもプレー可能な多才なジョーカーを称賛している。

「ウィサが新しい契約にサインしたことをとても嬉しく思う。彼は到着以来、クラブにとって素晴らしい存在だからね」

「彼はプレミアリーグでゴールを決められることを証明した。とても良いプレーヤーだ。彼のようなプレーヤーがチームにいることは、とても大きなことなんだ。常にゴールを脅かす存在であり、背後への動きも得意で、連係もできる。ウイングとしてもストライカーとしても、簡単にプレーしてくれる」

「また、グループの文化にとっても素晴らしい存在で、毎日エネルギーと笑顔をもたらし、グループを大いに前進させてくれる。一緒に仕事をするのに楽しい男なんだ」

関連ニュース
thumb

「本当に素晴らしい」不調極めた中での6連勝達成、クロップ監督はセットプレーの守備を称える「今まで見た中で最高」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 6日、プレミアリーグ第35節でリバプールはホームにブレントフォードを迎えた。不振に喘いだ今シーズンのリバプールだったが、ここにきて5連勝を達成。一気に復調し、トップ4フィニッシュに望みを繋いでいる。 そのリバプールは難敵であるブレントフォードを迎えると、13分にモハメド・サラーのゴールで先制する。 1-0とした中、徐々にブレントフォードが盛り返し、得意のセットプレーでリバプールを混乱させるが、最後まで1点を守り切り1-0で勝利。破竹の6連勝を飾った。 クロップ監督はチームが見せたセットプレーの守備を称賛。難しい試合となったが、しっかりと勝ち続けられたことをたたえた。 「本当に素晴らしい、素晴らしいよ。何度か行ってきたが、今まで見た中で最高のセットプレーの守備だった。ブレントフォードには多くのクオリティがあるが、セットプレーは特に特別だ。私は試合後すぐに選手たちに対し、これまでにプレーした中で最高のセットプレーのチームに対して、今日見せた集中力は素晴らしかったと話した」 「スローイン、CK、FK、GKがハーフウェイライン付近や自陣で受け、8人の選手が並ぶというセットプレーを、我々そして彼らは、50〜60回迎えた」 「とても難しい。今日もこのラインの8人全員が、このような瞬間に必要なことを十分に理解していた。とても素晴らしかった」 「前半、トレントがそのエリアでボールを失うまで、多くの良い瞬間があった。突然、我々がプレーできなくなった理由とも言える。我々がプレーした時、最高の瞬間があった」 「彼らのライン間に入り、混乱させ、後ろから、間からやった。ただあの場面は、もっと上手く反応し、正しいことをやり続けなければならない瞬間だった」 「後半1-0になった時点で、彼らは我々がセットプレーを避けられないことを知っていた。ボールがライン上を転がった時は、どちらのラインであろうとも常に危険信号だった」 「我々はおそらく、ノッティンガム・フォレストとの試合では、全く違うように見えた。我々にとってとても激しい時期。日曜日、水曜日、土曜日と試合がある週は、彼らは完全週休2日制となり、全てに影響が出る」 「本当に幸せだ。この激戦を1-0で勝利し、本当に満足していると言わざるを得ない。ゴールは素晴らしく、ディフェンスも素晴らしく、我々がプレーしたサッカーは部分的にだが、本当に素晴らしかった」 2023.05.07 16:46 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー弾でブレントフォードを下したリバプールがリーグ戦6連勝!《プレミアリーグ》

リバプールは6日、プレミアリーグ第35節でブレントフォードと対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦5連勝中と好調の5位リバプール(勝ち点59)は、サラーのPK弾で勝利した3日前に行われたフルアム戦から先発を3人変更。ルイス・ディアスやヘンダーソン、ツィミカスに代えてジョタやガクポ、ロバートソンを先発で起用した。 リーグ戦2連勝中の9位ブレントフォード(勝ち点50)に対し、リバプールは13分にバイタルエリア中央でパスを受けたファビーニョがループパスを供給すると、ゴール左手前に抜け出したファン・ダイクが頭で折り返したボールを、最後はサラーが押し込んだ。 幸先よく先制したリバプールは、29分にも中盤でパスを受けたアレクサンダー=アーノルドがゴール前へピンポイントパスを送ると、抜け出したヌニェスに決定機が訪れたが、シュートは枠を外した。 膠着状態が続く中、リバプールは40分にネットを揺らされる。中盤で縦パスを受けたトニーがワンタッチでDFの裏へスルーパスを供給すると、これに反応したエンベウモが斜めのドリブルでボックス内まで侵入。相手DFに寄せられながらもゴール左へシュートを突き刺したが、VARの末に抜け出した場面のオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 迎えた後半も先にチャンスを作ったのはリバプール。53分、サラーのパスでボックス右深くまで侵入したジョタの折り返すと、ゴール前のガクポの足にボールが当たったが、これは枠を外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、再びチャンスを迎えたのはリバプール。78分、右クロスのこぼれ球をボックス右手前で拾ったアレクサンダー=アーノルドが右足一閃。このシュートがゴール左を捉えたが、GKラヤの好セーブに防がれた。 さらに84分には、自陣からのロングフィードでヒッキーのクリアミスを誘うと、ボックス内に走り込んだガクポが右足でダイレクトシュートを放ったが、これは枠の右に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。サラー弾で逃げ切ったリバプールが、2戦連続のウノゼロでリーグ戦6連勝を飾っている。 2023.05.07 03:26 Sun
twitterfacebook
thumb

長期出場停止もありうるトニーに複数クラブが関心、アストン・ビラはビッグオファーも視野に?

ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニー(27)に複数のクラブが関心を寄せているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 トニーは押しも押されぬブレントフォードの絶対的エース。チームがプレミアリーグ昇格を果たした昨シーズンにリーグ戦12得点をマークしたなか、今シーズンはここまで31試合でキャリアハイとなる19得点を叩き出している。 すでにリーグ屈指のストライカーとして認識されているわけだが、シーズン後に新天地を求める可能性も。以前にはトッテナムからの関心が報じられていたなか、マンチェスター・ユナイテッドとアストン・ビラもトニーに目をつけているという。 だが、トニーの獲得には懸念点も。トニーは賭博規則違反の疑いでイングランドサッカー協会(FA)から告発されており、告発から半年近く経った現在でも処分が確定していない。長期の出場停止処分が下る可能性もあるとされている。 ユナイテッドが新エース候補として注目し、アストン・ビラも5500万ポンド(約91億6000万円)の提示を計画しているとされるトニー。まずは処分の動向が気になるところだ。 2023.04.27 16:53 Thu
twitterfacebook
thumb

5戦全敗のランパード、サポーターのフラストレーションに「わかる」

チェルシーのフランク・ランパード監督がコメントした。 火中の栗を拾う形で古巣を再び指揮するランパード監督だが、初陣から公式戦4試合全敗。26日のプレミアリーグ第33節ではブレントフォードをホームに迎え撃ったが、0-2で敗北した。 一部サポーターからブーイングも起こったが、ランパード監督はイギリス『BBC』で「何の問題もないし、完全にわかる」と理解を示している。 「ファンのことはよく知っているし、彼らもチームのために頑張ってくれている。彼らは勝ち慣れていて、我々と同じようにいつだって成功を求めているから、落ち込んでいるんだ。よくわかるし、彼らが結果を求めているのだから、我々選手やスタッフは受け止めないといけない」 指揮した5試合のうち、4つが無得点と攻撃面が深刻なイングランド人指揮官はまた、イギリス『BT Sport』で今のチームが難しい時期にいると話した。 「お涙頂戴の話ではないが、何事も我々に反している。魔法の杖、魔法がかった瞬間がほしいところだが、フットボールでは手に入らない。プレミアリーグは動きが目まぐるしく、競争が激しいからだ」 2023.04.27 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

泥沼チェルシー、公式戦8試合勝ちなしの5連敗《プレミアリーグ》

チェルシーは26日、プレミアリーグ第33節でブレントフォードをホームに迎え、0-2で敗れた。 先週、レアル・マドリーの前にチャンピオンズリーグ敗退となった11位チェルシー(勝ち点39)は、スターリングを最前線に配置し、2シャドーにカンテとギャラガーを据える[3-4-2-1]で臨んだ。 10位ブレントフォード(勝ち点44)に対し、立ち上がりからボールを握ったチェルシーは23分、CKからチアゴ・シウバのヘディングシュートでゴールに迫る。 さらに32分、エンソ・フェルナンデスのコントロールシュートがGKを強襲したチェルシーだったが、38分に先制される。CKからザンカのヘディングシュートがアスピリクエタに当たってゴールに吸い込まれた。 1点ビハインドで迎えた後半、チェルシーはムドリクとオーバメヤンを投入し4バックに変更。そのチェルシーが攻勢に出ると57分にはFKからオーバメヤンが際どいヘディングシュートを放った。 その後も敵陣でプレーを続けたチェルシーだったが、78分に致命的な2失点目。エンベウモが右サイドからカットイン。ボックス内に侵入しシュートを決めきられた。 このまま0-2で力なく敗れたチェルシーは公式戦8試合勝ちなしの5連敗となった。 一方、勝利したブレントフォードは2季連続残留を決めている。 2023.04.27 05:37 Thu
twitterfacebook